底板について

バッグをオーダーくださる場合、底板のタイプを選んでいただけます。

①プラ板無し
ラフな感じでお使いになる場合や手作りの経験がおありの方がご自分で用意される場合に選択されます。

②プラ板のみ
プラ板をバッグの底に置くタイプです。取り外し可能で一番お安いタイプになります。
a0288680_22414694.jpg


③革製底板
プラ板を革で挟みこみ周りを手縫いしています。
こちらもバッグの底に置くタイプで取り外し可能です。
高級感がでるのでお勧めです。
a0288680_2375420.jpg


④埋め込みタイプ
バッグの底にプラ板を埋め込んでいます。
もちろん取り外しはできません。
a0288680_2394787.jpg


この③革製底板と④埋め込みタイプなのですが
「どっちがいいの?」「どうちがうの?」
とオーダーいただいた方からよく相談されます。

うーん・・・正直なところお好みで(笑)
となるのですが違いは何点かあります。

・取り外しができる革製底板は「取り外しても使える」「掃除がし易い」「底板がずれることがある」
 もし同じバッグを複数お持ちくださってる場合には流用できる。

・埋め込みタイプは「底板がずれることがない」「バッグが安定する」「縫い目が底に出る」
a0288680_23181544.jpg
底にステッチがあります。埋め込みタイプは底が平面、底に置くタイプの革製は少し丸みがある底になります。

今、思い付くのは以上になります。

よく分からない、悩んで決めることができない・・・等あれば何度でもご質問くださいね。
by kawa-9nui | 2014-05-23 06:00 | 革鞄 | Comments(0)


<< ミニミニトートバッグ とっても軽いA4トートバッグ(紺色) >>