革の鍋つかみ

「柔らかい革の鍋つかみが欲しい♪」

え!?  最初はぴんときませんでした。

革の・・・鍋つかみ・・・・???


とりあえず試作で作ってみますと制作開始。
最初2回ほどは牛革で作ったんですがあんまりかわいくない。

そして3回目は柔らかい鹿革を使って制作。
丸みがありふっくらしてとってもかわいいシルエットに仕上がりました♪

内張りはオレンジのフェルトを使用。差し色になってとっても綺麗です。


直接お渡しはできなかったのですがとっても喜んでくださっていたそうです。
N様、ありがとうございました。

今回の作品はオーダーがなければきっと作っていなかった道具だと思います。
京都の刃物職人さんが仰ってました。
お金をもらって勉強させてもらってる」と。

まさにそのとおりだと思います。
オーダーくださる方々に改めて感謝致します。

a0288680_22311192.jpga0288680_223108.jpg


-----------------------------------------------------------------------
ご相談、ご質問がある場合にはお気軽にご連絡ください。
kawa-9nui■hotmail.co.jp    ※■を@に変更してご利用ください。
# by kawa-9nui | 2012-09-16 06:00 | 革小物 | Comments(2)

同じものは作れない。

オーダーメイドの一番の魅力は「自分だけの道具」ができることだと思います。

形、色、大きさ、質感、使い勝手・・・すべて自分専用です。


が・・・

実際、その作品を見て「同じのが欲しい♪」と仰る方もおられます。

では折角のオーダーメイド作品が唯一無二でなくなるのかと言えばそんなことは
ないと思っています。

皮革は天然のものですから、まったく同じ革は絶対にありません。
革を切るのも縫うのも9nuiの手です。機械のように同じようにはできません。

そして買ってくださった方それぞれの暮らしの中で使っていただくことにより
まったく違った「自分だけの道具」になっていくのだと思います。

そういう意味では使い込んでいただいて初めて完成品となるのかもしれません。
# by kawa-9nui | 2012-09-15 06:00 | 9nuiのこと。 | Comments(0)

たったひとつの鞄

他にはない自分だけの鞄」と喜んでいただけたことを思い出します。


こちらは財布と化粧ポーチが入る小さめのショルダーバッグが欲しいとオーダーいただきました。
試作したバッグに財布や化粧ポーチを入れ本体サイズやショルダーの長さ、幅など
相談させていただきました。

革はナチュラルなもので使い込むとアジがでるものがよいということだったので
エイジングによりアメ色に変化していく白ヌメ革で制作。

もったいなくて使えないと喜んでいただけました♪

F様、ありがとうございました。

a0288680_21231260.jpga0288680_21225042.jpg


こちらの鞄はお手渡し後、ショルダー部分が少し長いとご相談いただき
10センチほど短くして再度お渡しさせていただきました。

日常生活でご使用後、手直しして欲しい箇所があれば遠慮なくご相談ください。

-----------------------------------------------------------------------
ご相談、ご質問がある場合にはお気軽にご連絡ください。
kawa-9nui■hotmail.co.jp    ※■を@に変更してご利用ください。
# by kawa-9nui | 2012-09-14 06:00 | 革鞄 | Comments(0)

愛着のあるナイフ

「直してでも使い続けたいもの」

ナイフのグリップに付いていたラバーが剥がれてしまい
「ぜひ使えるようにしてもらいたい」と修理依頼をいただきました。

使い込むほどにアメ色に変わっていく白ヌメ革を使用。
手で握る部分なのでよりエイジングを楽しんでいただけると思います。

無事使用できるようお直しさせていただき
同時にナイフケースは新調させていただきました。

ご依頼くださったI様ありがとうございました。

9nuiの作った作品もこのようにして愛着を持っていただけたら幸いです♪
もちろん今回のご依頼のように9nui作でなくともお直しさせていただきます。

a0288680_21244767.jpga0288680_21243349.jpg


ご相談、ご質問がある場合にはお気軽にご連絡ください。
kawa-9nui■hotmail.co.jp    ※■を@に変更してご利用ください。
# by kawa-9nui | 2012-09-13 06:00 | 繕い。 | Comments(0)

黄色いバケツトート

昔ながらの植物タンニンなめしで作られ
たっぷりと加脂されたイタリア製皮革を使っています。
柔らかいけれどコシがある。そんな言葉がぴったりな質感です。

少し渋みのある黄色が独特の風合いとなっており
サイドの丸みが特徴的に仕上がっています。

大きさはA4ファイルが調度入るぐらいです。

ご相談、ご質問がある場合にはお気軽にご連絡ください。
kawa-9nui■hotmail.co.jp    ※■を@に変更してご利用ください。


a0288680_11444513.jpga0288680_11443425.jpg
薪ストーブの上に作品を置いているのですが
こちらはいつもお世話になっている「珈琲や たなか」さん♪


とってもおいしいケーキと珈琲がいただけます。
こちらのお店のことは後々詳しく紹介させてもらいますね。
# by kawa-9nui | 2012-09-12 06:00 | 革鞄 | Comments(0)